ドライブレコーダー GDR E350Jの調子が悪い

ウチのデミオには納車時から社外品のドライブレコーダー(ドラレコ)をつけています。そのドラレコの調子が悪くなったので私なりに対応をしてみました。

使っているのはガーミン “GDR E350J”

デミオにつけているドラレコはガーミンの “GDR E350J” というもの。シトロエンC4に乗ってたときにはじめて買ったドラレコがガーミンの “GDR32” でした。

毒電波もはかず、壊れることもなったので続けてガーミンのドラレコに。イプシロンからデミオに乗り換えを決める直前の昨年1月はじめに購入し、イプシロンで少し使ってデミオに納車時につけてもらいました。

ドライブレコーダー ガーミン GDR E350J
ドライブレコーダー ガーミン GDR E350J

今年に入ってから調子が悪くなる

そんなドラレコなのですが、今年に入ったぐらいから調子が悪くなってきました。具体的には走行中に再起動を繰り返したり、起動中のままだんまりとなってしまうのです。

GDR E350JのLEDランプ
GDR E350JのLEDランプ

写真のLEDランプが起動中は左のように緑の点灯、録画中は右のように赤の点灯なのですが、ずっと緑が点灯したままに。当たり前ですが、そんなときはあとからmicroSDカードを確認しても何も録画されていません。

“ナニカ” のときの確認のために付けているドラレコで録画されていないでは、何のためにつけているのかということ。あれこれ対応してみることにしました。

対応

microSDカードを疑うが

ドラレコの調子が悪いとき最初に疑うべきは記憶媒体なので、症状が出始めたころ最初に試したのはmicroSDカードのフォーマット。しかしフォーマット後も現象は改善せず。

これまで数枚のカードを不定期にローテーションして使っていたので、これまで問題なかったmicroSDカードにかえてみました。しばらくは問題なかったのですが、やはり再発… どうもmicroSDカードが原因ではなさそうです。

ということは、本体か? まだ1年なのに(+_+…

ファームウェアをバージョンアップ

ネットで情報を調べたのですが、イエローハット専売ということもあるのでしょうか、あまり情報にたどり着けません。購入して半年も経たずに再起動を繰り返すようになって使い物にならなくなったという書き込みは見つけたのですが(汗)。

とりあえずマニュアルを参照しようとガーミンの商品ページを訪れると “アップデート” のタブが。更新履歴をみると昨年8月28日にファームウェアがアップデートされていました。

v 3.30
デバイス起動時の安定性の向上
ビデオ録画、再生時の安定性の向上
v 2.80
ソフトウェア安定性の向上

“安定性の向上”… これは期待できそうです。ということで、専用ソフト(Garmin Express)をインストールしてファームウェアを最新版へアップデートしました。

Garmin Expressでファームウェアをアップデート
Garmin Expressでファームウェアをアップデート

アップデート後の週末に80kmほど走りましたがトラブルは発生せず。ためしに調子が悪かったときに使っていたmicroSDカードを使ってもトラブルは発生しませんでした。もう少し様子見が必要ですが、発生しないことを願うばかり。

まとめ

原因がmicroSDカードではないと判断したときに、アイドリングストップによる電圧変動が機器に与える負担が積もり積もって本体が壊れてしまったのかも、と思いました。どれほどの影響があるのかわからないのですが、GDR32を使っていたイプシロンではアイドリングストップは常にオフにしていたので、今の環境と何が違うかというとそこかなって。

しかし上記のようにファームウェアのアップデートでトラブルは発生せず。もう少し走ってみないと判断できませんが、これで解決であればいいな。

次にドラレコを買い替える時は、360度キレイに撮ることができるものにしたいので、それまで頑張ってくれることを期待(笑)。