静音計画 風切り音防止モール ドア用

デミオに乗り始めて1年と少し… ここのところ、走行中の “ある音” が気になります。「Bセグメントの車に何を期待しているのだ」という声も聞こえてきそうですが、デミオの前に乗っていたイプシロンではそんなコトは感じたことがなかったと思うのです。

そんなわけで、対策を考えてみました。

気になっているのは “ロードノイズ”

車に乗っているといろいろなところから音がしますが、今気になっているのはタイヤからの “ロードノイズ”。最初に記したようにイプシロンでは “ロードノイズは” 気になるようなことはありませんでした。ツインエアエンジンの “パタパタ音” は結構していましたが、それはそれで心地良かったのです(笑)。

昔から輸入車と日本車ではドアの厚さが違うといいますが、イプシロンもそうだったのかもしれません。実際、ドアを閉めるときの音が違っていました。ボディやガラスの厚さは “遮音” に大きな影響を与えますから、そういったことが原因なのかなぁ。

静音計画 風切り音防止モール ドア用を購入

ドアを厚くすること… デッドニングをするときに使う素材を貼ったりするとよいのかもしれませんが、私にも簡単にできることから。厚くすることは無理でも、入ってくる隙間を少なくしようとエーモンの静音計画 “風切り音防止モール ドア用” をつけてみることに。

静音計画 風切り音防止モール ドア用
静音計画 風切り音防止モール ドア用

ドアのモール、12か月点検時にディーラーさんにでかけた時にショールームで気にして見ていたのです。するとアテンザにはついていなかったのですが、CX-5(CX-8だったかな?)にはついていました。デミオについていないのはわからないでもないですが「アテンザについていないけど、CX-○にはついているのはなぜだろう?」と感じたことを思い出します。

早速取り付けてみました

取り付けはとても簡単。リアドアのエッジ部分に挟み込むだけです。

風切り音防止モール ドア用 取付前と取付後
風切り音防止モール ドア用 取付前と取付後

エッジの細い部分がドアの上から下までなかったので、すべてを覆うことができませんでした。効果のことを考えるとすべて覆うことがよいのでしょうが、これは仕方がありませんね。

風切り音防止モール ドア用 取り付けた後
風切り音防止モール ドア用 取り付けた後

ドアを閉めてみました。閉めるときの音が気持ちよくなったような気がしますが、そう思いたいだけかもしれません(笑)。車体色がマシーングレープレミアムメタリックということもあってまったく目立ちませんね。

肝心の効果は?

正直何も変わったように感じません。タイヤの “ロードノイズ” はブリヂストンのページによると次のように記されています。つまり、風切り音対策のモールで対策しようとしたのがそもそもの間違い(汗)。

地面からの振動により引き起こされるベルトの振動がノイズとなり車内に伝わっています

遮音対策が大してされていないデミオなので、発生源に対策する、つまりタイヤを静寂性に優れた銘柄に変えるのがベストなのか。それとも最初に記したようにデッドニングで使うような素材を “効果的に” 貼るのがよいのか…

タイヤ交換は装着前に確認することが難しいので躊躇します。しかも今のタイヤ(純正のブルーアースA)は7,000km弱しか使っていないものですし。これで交換して差を感じることができなかったらと思うと(苦笑)。半面、デッドニングはデッドニングでどうかなと感じますし。

なかなか難しいです。

おまけ:風切り音は静かになった気がします

ここで終わってしまうと「このモールって…」となってしまいますが、そんなことはありません。路面がスムースなところ(=ロードノイズが小さい路面)で、ある程度スピードを出したときの音が小さくなったと感じました。

取り付けはお手軽ですし、価格もそれほどのものではないので風切り音が気になる方、試してみてはどうでしょう?