新車12か月点検

2018年2月18日、デミオの12か月点検をディーラー(広島マツダ)さんで受けました。昨年の2月最終週に納車されたので、ちょうど12か月ですね。この12ヶ月の走行距離は5,500km弱… 前車イプシロンのときは9,500km超だった(これも一般的には多くない)ので、ホントに少ないです(苦笑)。

はじめての広島マツダ宇品本店

私がデミオを購入したのは広島マツダ庚午店。納車はもちろん、新車1か月点検、6か月点検、用品の購入など庚午店にお世話になっていました。ところが昨年10月に担当営業さんが宇品本店に異動することになり、私もくっついていくことに。点検は庚午店でもできるということだったのですが、12か月点検は行ったことがなかった宇品本店でやってもらうことにしました。久しぶりに担当営業さんの顔も見たかったですしね。

そんなわけで宇品本店に行ったのですが、道路から見ても広いですねぇ~。お客様駐車場は建物になっていて何も考えずにフロアをあがって空いてるトコロに停めたのですが、どこからかショールームにいるであろうスタッフさんがやってきて案内してくれました。「ちゃんと見てるんだなぁ」と感心(当たり前か)。

2階ラウンジスペースからサービスピットをみる
2階ラウンジスペースからサービスピットをみる

案内されてショールームに行くと展示車はたくさんあるし、2階にラウンジペース(?)はあるし、お客さんはたくさんいるし「これが旗艦店か」と。担当営業さんとも会話したのですが、”車を観に来ました” という人だけで20人近く接客する日もあるみたい(驚)。日曜日ということもあるのでしょう、私が点検を待っている間に見かけただけでも何組かに接客されていました。

点検前の説明

ショールームに入ると、サービスの窓口に案内されて今日の12か月点検について会話。”パックdeメンテ” に加入しているので、それに沿って行うことと、他に気になるところがあるか確認です。私からはタイヤのローテーションをお願いしました。また、点検後に洗車をするということだったのですが、洗車はしないようにお願い。

その理由ですが、洗車機による傷が嫌なのです。ワールドモータースさんでは洗車機がなかったのでよかったのですが、広島マツダさんには洗車機があります。以前庚午店で話をしたときに、やはり洗車機を使うのがデフォのようだったので(庚午店ではまだ納車1年未満の新車ということで点検時は手洗い洗車してもらってました。感謝^2)。

洗車はずっと手洗いの私です。といっても、月イチ程度にコイン洗車場でやってるだけなので、自慢できるほどにキレイにしているわけではありません(^^;。

2階ラウンジからサービスピットが見える

上に写真も載せましたが、サービスピット(サービスショップ)が2階のラウンジスペースから見ることができるのはいいですね。でも、特に作業の様子を見ているオーナーさんはいませんでした。

点検のために高い高いされているデミオさん
点検のために高い高いされているデミオさん

庚午店ではショールームからサービスピットが見えないのですが、サービスピットまで行って作業されているエンジニアの方と直接会話させてもらっていました。今の時代、私のように作業の様子が気になったり、せっかくリフトであがっているので下回りを見てみたい、なんて考えるほうが少数派なのかもしれませんね。

1時間30分ぐらい経ったでしょうか、ラウンジスペースにサービスの方が作業終了を伝えにいらっしゃいました。

点検後の説明

点検後に説明とともに頂いた点検の明細はこちら。

新車12か月点検明細
新車12か月点検明細

点検結果は新車12か月点検ということもあって問題ありませんでした。新車12ヶ月点検ぐらいであれば「それが当たり前」なのかもしれませんが、イタフラ車の経験では前車のイプシロンこそ何もありませんでしたが、フィアット500はのちにバッテリー交換になる調査、シトロエンC4では運転席ドアのウェザーストリップが切れて交換なんてことがありました(※ともにメーカ保証で無料)。そういった面では、やはり “さすが日本車” なのかな。

でもマツダでは2月はじめに発表された1.5ディーゼルのリコール台数が凄いですね。私も購入時期から想像するとディーゼルを購入してたらビンゴだったでしょう。ディーラーさんもこれから忙しくなるんだろうなぁ〜。

次は18か月目のマツダセーフティチェック

前述のように問題はありませんでした。次は6か月後の点検ですが、それまでも、そしてそれからも何もトラブルがないことを願いますっ!!