ソマリア沖に派遣される”さみだれ”、ご安航を-2022年

1月9日、ソマリア沖・アデン湾における海賊対処行動のために派遣される護衛艦"さみだれ"の見送りに出かけました。なお、今回より情報収集活動の任務が併せて付与されています。

2022年1月9日 ソマリア沖に向けて出航した"さみだれ"
ソマリア沖に向けて出航した"さみだれ"

海賊対処行動と情報収集活動を兼務

今回ソマリア沖・アデン湾に派遣される"さみだれ(と搭載される2機のSH-60K)"は、海賊対処行動を行うとともに、情報収集活動の任務を併せて付与されています。これまでそれぞれの任務に護衛艦1隻があたっていましたが、はじめて1隻で護衛艦海賊対処行動と情報収集活動を兼務することとなりました。

私、ソマリア沖に派遣される"さみだれ"を見送るのは2度めだったりします。海上警備行動ではじめて護衛艦("さざなみ"と"さみだれ")が派遣されたときに見送らせていただきました。それは2009年3月14日のこと… もう13年近く前になるのか。

まもなく出港する "さみだれ"
まもなく出港する “さみだれ"

13年前に見送ったときは"かるが浜"に行ったのですが、今回は"アレイからすこじま"へ。到着するとすでにタグボートがついていて、時をおかず出港するのは間違いなく。なんとか間に合いました(^-^)。

“さみだれ"の右舷に隊員が並んでいるのがわかるでしょうか。Fバースには見送りにきている家族らも。海賊対処行動にはじめて参加する隊員、すでに何度か参加している隊員もいることでしょう。任務に向かう者、その帰りを待つ者、それぞれが私などが想像できない心に思うものがあるに違いありません。

そんなことを思っていると、どの艦からか"帽振れ"の号令が聞こえてきました。

"むろと"で帽子を振る隊員たち
“むろと"で帽子を振る隊員たち
潜水艦で帽子を振る隊員たち
潜水艦で帽子を振る隊員たち

多くの隊員が見送っています。ちょっとわかりにくいですが、"むろと"に掲げられている旗がご安航を祈る"UW"となっています。さらにわかりにくですが、潜水艦にもUWの旗が掲げられていますね。

出港した"さみだれ"
出港した"さみだれ"

ボートで近づいて見送る隊員たちも。

お見送りのあとに基地前を通ると、"さみだれ"乗組員のご家族、関係者と思われる多くの方々がいらっしゃいました。繰り返しになりますが、私たちとは次元の違う思いをお持ちのことと想像します。無事に任務を遂行してご帰還することを願うばかり。ご安航を。

参考にしたページなど